吉原 公美

オーナー近影

吉原 公美
Kumi Yoshihara

お茶の水女子大学ジェンダー研究所
特任リサーチフェロー

INTPARTプロジェクト事務局担当

 

 


英国ウォーリック大学にて修士課程修了後、お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」に事務局員として参加。会計事務所や外資系企業での経理職キャリアを通じて身につけた実務スキルと、大学院で学んだ学際的研究についての知識を組み合わせて、研究機関の運営管理実務に活かしている。

ジェンダー研究所での主な職務

事務統括。予算管理。特別招聘教授の海外招聘事務と滞在中の業務サポート。国際シンポジウム、セミナー、学生の海外交流事業の運営。事業成果発信。


学位
2004年01月 ウォーリック大学(英国)MA in Race and Ethnic Studies
お茶の水女子大学職務経歴
2016年02月~現在     ジェンダー研究所特任リサーチフェロー
2015年09月~2016年01月  ジェンダー研究所特任アソシエイトフェロー
2015年04月~2015年09月  ジェンダー研究所アカデミックアシスタント
2010年05月~2015年03月  ジェンダー研究センターアカデミックアシスタント
2004年04月~2008年03月  21COEジェンダー研究のフロンティア教務補佐員
その他の職歴
2001年01月~2002年07月 日本AT&T株式会社 経理事務
2000年11月~2000年12月 株式会社ペイロール 税務事務
1992年10月~1998年05月 金谷会計事務所 経理税務事務
1990年04月~1991年12月 株式会社GMアーティスト クラシックギター演奏者
 

2015年度以降ジェンダー研究所で担当した主な事業

他機関との連携事業コーディネート
NTNUジェンダー研究センター
INTPARTプロジェクト事務局(2019年4月~現在)
ノルウェー王国大使館、NTNUジェンダー研究センター
国際シンポジウム「最も幸せな国のジェンダー平等」(2017年4月25日)運営
LGBT法連合会
『「LGBT」差別禁止の法制度って何だろう?』出版記念トークセッション(2016年9月19日)運営
 
特別招聘教授プロジェクト:招聘事務と滞在期間中の業務サポート
2018年08月~2019年07月 ジャン・バーズレイ(米・ノースカロライナ大学チャペルヒル校)
2018年12月~2019年01月 デルフィーヌ・ガルディ(スイス・ジュネーブ大学)
2018年02月~2018年03月 アネッテ・シャート=ザイフェルト(独・デュッセルドルフ大学)
2016年10月~2017年07月 ラウラ・ネンツィ(米・テネシー大学)
2016年09月~2016年12月 エリカ・バッフェッリ(英・マンチェスター大学)
2016年05月~2016年06月 スーザン・D・ハロウェイ(米・カリフォルニア大学バークレイ校)
2015年11月~2016年01月 アン・ウォルソール(米・カリフォルニア大学アーバイン校)
2015年10月~2015年11月 マリー・ピコーネ(仏・社会科学高等研究院)

 

国際シンポジウムの運営
2019年05月19日 哲学者と皇太子妃:冷戦期日本における自由と愛と民主主義
2019年01月21日 議員になれるのは誰なのか?フランスの政治と議会史からみる立法府のジェンダー化
2019年01月12日 ジェンダー視点に基づいたグローバル女性リーダー像
2018年10月14日 アラブ世界の女性と逸脱:グッドとバッドの境界で
2018年06月30日 女性リーダーはいかにして「育つ」か?
2018年02月21日 日本における独身、ひとり暮らし、ワーク・ライフ・コンフリクト
2017年06月02日 デモクラシーのポスターガール:冷戦期日本のミスコン女王とファッションモデル
2017年04月25日 最も幸せな国のジェンダー平等:ノルウェーのジェンダー研究とファミリー・ライフ・バランス
2017年01月17日 明治期のジェンダー、宗教、社会改革:炭谷小梅と中川横太郎
2016年10月19日 女性、宗教、暴力:国際的視点からの再考
2016年06月09日 家族、仕事、ウェルビーイングの国際比較
2016年01月18日 科学と工学を目指す女性へ
2015年11月14日 はたして日本研究にとってジェンダー概念は有効なのか?人類学の視座から改めて問う

 

IGS英語セミナーの運営
2019年10月24日 フランス・ローズ・ハートライン(NTNU)「ノルウェーの性別自己決定権法制とトランスジェンダー経験の複雑性
2019年07月10日 ジャン・バーズレイ「冷戦初期の日本におけるファッションショー外交:フェミニスト視点からの批判的考察
2019年02月08日 ジャン・バーズレイ「ミレニアル舞妓さん:日本のポピュラーカルチャーにおける舞妓像
2018年12月13日 デルフィーヌ・ガルディ「主体・社会運動・民主主義:ジュディス・バトラーによる理論構築の検討
2018年02月09日 アネッテ・シャート=ザイフェルト「経済効果は政策よりもジェンダー平等達成に有効か?
2017年07月18日 ラウラ・ネンツィ「歴史のサイズ:小さな世界、大きな世界、その間の人々
2016年12月14日 エリカ・バッフェッリ「立ち位置を理解する:日本の新宗教フィールドワークからの考察
2016年11月25日 堀口典子(米・テネシー大学)「ジェンダー・食・帝国:「他者を食べる」物語と記憶
2016年11月08日 ルーク・ロバーツ(米・カリフォルニア大学サンタバーバラ校)「江戸時代の武家の女性たち
2016年10月31日 リンダ・M・ペレス(米・ミルズ大学)「周産期精神疾患、母子間愛着、および情緒的コミュニケーション
2016年06月16日 スーザン・D・ハロウェイ「現代日本における家族と幼児教育
2015年12月16日 アン・ウォルソール「いい兄貴ーわるい弟

 

成果刊行編集担当:IGS Project Series
IGS Project Series 2
国際シンポジウム「はたして日本研究にとってジェンダー概念は有効なのか?」
IGS Project Series 3
マリー・ピコーネ特別招聘教授プロジェクト
IGS Project Series 4
アン・ウォルソール特別招聘教授プロジェクト
IGS Project Series 5
国際シンポジウム「家族、仕事、ウェルビーイングの国際比較」
IGS Project Series 6
スーザン・D・ハロウェイ特別招聘教授プロジェクト
IGS Project Series 7
国際シンポジウム「女性、宗教、暴力:国際的視点からの再考」
IGS Project Series 8
エリカ・バッフェッリ特別招聘教授プロジェクト